ネット店が厳選したお買い得品のご紹介

ネット店の製作者が全品自分の舌で味わい、選び抜いた品です。お値段の面でもかなり無理をした商品ですので、是非お試しください!

      

天白どんこ箱入

    

天白どんことは、乾しシイタケの中でも生産量の約1%しか採れない希少などんこ椎茸です。乾しシイタケの見分け方は、まずは国産であること、傘が綺麗にひらいているもの、充分に乾燥して色艶が良い物を選んでください。更に天白どんこの選び方、これは傘の表面が白く綺麗に割れているものが最高級品となります。この椎茸を買い付けるにあたって、百貨店や専門店を視察したのですが、このお値段で提供しているお店はまずありません!この1つランク下の花どんこでも、箱なしの物で、グラム当たりの単価は、当社の物よりお高くなります。乾しシイタケ自体の相場がかなり高騰している中でのご提供となります、間違いなくお値打ち品です、是非ご家庭用・ご進物にお使いください。問屋さんの在庫終了と共に売り切り御免商品となります。

               

天白どんこ箱入のご紹介とお買物

2017年9月1日より送料が改訂されています、詳しくはご注文と送料について をご覧ください。

画鋲の写真(意味はありません)
商品名 天白どんこ箱入
原産地

日本

価格

1箱170g入3,780円(税込)

商品説明

調理した感想ですが、肉厚なので水で戻すのに時間がかかりましたが、味が物凄く濃いどんこです。こちらの商品は受注生産のため、発送するまで4日程度かかります。

ここからは、山の息吹のご紹介になります。この商品については、今年の価格となります、来年の相場にかなり影響される品ですので、是非ご購入を検討してみてください。
      

やぶきた系統品種茶山の息吹

    

山の息吹とは、やぶきた種の自然交雑実生種です。特長は、鮮やかな水色、豊かなうまみ成分、さわやかな香りとなります。これ位だと我々は手を出さないのですが、この山の息吹は、普通の山の息吹とは違いました、香料など入っていないのですが、わずかに洋菓子のような香りと味がします!こういう個性のある香りのお茶自体は、あることはあるのですが、味がついていかない物が多いのが現状です。ところがこのお茶だけ、味もしっかりありました。九州のお茶を上林春松さんが仕上げたのですが、最初拝見した際は静岡と見間違うほどでした、宇治の仕上げですので確かに品のある味わいとなっており素晴らしいお茶です。東北地方のお茶屋さんでも販売しているようですが、リピータ―も多いそうです、生産量がわずか100kgの貴重なお茶です、是非一度お試しください。旨みが凄いですよ!

               
山の息吹のご紹介とお買物

 2017年9月1日より送料が改訂されています、詳しくはご注文と送料について をご覧ください。

画鋲の写真(意味はありません)
商品名 山の息吹
原産地

日本

価格

 1袋 100g入      1,188円(税込)

商品説明

当社の山の息吹の味と香りは、すべての山の息吹と共通では無いようです、今年取れても来年出来るかわからないので限定品となります。

  

現在制作中の仁淀の滴のご紹介となります。こちらは、2000年初期の頃の井の頭がお好きな方に特にお勧めでございます、こちらも通常のプライスタグを付けるなら税抜1,000円なのですが、今年はこのお値段とさせて頂きました。これ以上の出来が来年以降出来ないようであれば、販売を中止もしくは価格の見直しをすることもありますので、是非お召し上がりください。

      

仁淀の滴(によどのしずく)

    

最近は、本格派の日本茶がすっかり無くなってしまいました。今年、高知に視察に行った際、あらためて仁淀筋のお茶に魅せられました。高知のお茶の特長は、全盛期の川根茶のような風味とお茶自体の味・香りが力強いことです。この荒茶の素性を生かして”のどの奥から甘味がじんわりくるような昔のお茶”が出来ないか相談したところ、このお茶が生まれました。静岡の川根・春野・本山の昔のお茶をお好みの方は是非召し上がってください。当社の社長も静岡出身でかなりのお茶好きですが、このお茶の試作品を飲んだとたんに、昔のお茶のことを話し始め、とうとう試作品を自宅に持って帰ってしまった程のお茶です。この揮発性の香り、青いのに青臭くない味、その奥にある旨みをどうか召し上がってください。こんなお茶まだあったのかと思うお茶に仕上がっています。本ページのイチ押し商品です。